組織・運営体制

コーポレート
ガバナンス

1.取締役会

JICの取締役会は、社外取締役が過半数を構成しています。
業務執行と監督を明確に分離し、迅速な経営の意思決定と適切なコーポレートガバナンスの両立を図っています。

2.産業革新投資委員会

JICの産業革新投資委員会は、ファンドに対する投資の意思決定を行う機関です。
産業革新投資委員会は5名の社外取締役と代表取締役社長が委員となり、投資判断における客観性・中立性を担保しています。

産業革新投資委員会メンバー
  1. 産業革新投資委員長
    • 榊原 定征
  2. 産業革新投資委員
    • 小笠原 範之
    • 岡 俊子
    • 忽那 憲治
    • 幸田 博人
    • 横尾 敬介

3.監査役

JICでは、2名の社外監査役が、事業報告及び計算書類等の適切な作成、法令順守、実効的な内部統制システムの構築・運用を担保しています。

産業革新投資委員・監査役のプロフィール詳細はこちら

組織・
内部統制システム

JICは、組織が連携して取り組むために、3つの役割(ディフェンスライン)に分けた体制を整備しています。